カードローン会社の賢い利用法

無利息期間の活用

最近大手消費者金融を中心に契約当初の無利息キャンペーンが多くなっています。

 

しかし、中には毎月1回1週間という太っ腹な無利息期間を設定している消費者金融があります。
条件がいくつかありますが、これをクリアすれば給料日前にお金の心配をすることなく過ごすことができます。

 

この消費者金融は、大手消費者金融の関連会社で、契約なども大手消費者金融の無人機を使うことが可能です。
ATMも共通利用なので結構使える範囲が広いです。

 

キャッシング時はコンビニATMの利用が可能ですが、手数料が必要であり返済はできません。
そのため、使うことができる消費者金融のATMを探す必要があります。
また、無利息の適用は完済時に限られており、残高があると無利息の適用は受けません。

 

これだけの制約があると、あきらめてしまう人も多いようですが、給料日前の1週間を永遠に無利息キャッシングできるという利点を逃す手はありません。
気を付ける店は大手消費者金融のATMを探すだけであり、自分の自宅や勤務先などの近くや通勤経路にないかを探す価値は十分にあります。

 

私の場合、通勤経路上に店舗がありますから、キャッシングと返済の際に途中下車をしています。
ちょっとした町の中にありますから、自分の気晴らしにも最適です。毎月1週間前に借りているわけではないのですが、借りたら次の給料日に必ず返済しています。
最初は本当に利息請求がないかネットの明細で何度も確認しましたが、本当になかったのを確認してほっとした記憶もあります。
ちょっと使いにくいカードローンですが、自分でスキームを作れば無利息キャッシングが実現します。

 

というように、その人の使い方を生み出すことで、とても便利なものに変わるカードローン。
どちらかというと、借りてはいけないという風潮があるなかで、この積極的にカードローンの有効活用法を自分なりに落とし込んで進めているあたりが、思考の参考になります。

更新履歴